きちじ(喜知次)

きちじ(喜知次)

体高は、やや低く、眼と口が大きい。背鰭の棘条部に黒斑がある。旬は冬で、脂が多く、ビタミンAが多く、美味しい。近年になって市場価値が高くなってきている。あまりキチジという呼び名で流通せず、「きんき」「きんきん」などと呼ばれる。